2011年08月11日

『思わず人に教えたくなる!「問題解決」のネタ帳』

儲けのネタ帳シリーズで人気の岩波貴士さんの第3弾
『思わず人に教えたくなる!「問題解決」のネタ帳』
とうとう発売されました。

青春出版社 600円(税込)

まずは、問題解決のための5つの法則があり、
ピンチを救う心理ネタやら、
魔法のつぶやきやら、
奥の手やら、
150ものネタがつまっています。

どこから読んでも納得。

今8月11日(木)中、発売キャンペーン実施中

特典は
○主要タイトルの音声朗読版
○著者 岩波貴士と、担当編集者との音声対談形式の補足説明  
などなど。

詳細は⇒ http://www.ideasakka.com/amazon/201108

今日中です。


人気blogランキングへ 参加しています。あなたのクリックお願いします。

Copyright(C) Since2007 Kurashi Institute All Rights Reserved


トップページに戻る


ラベル:儲けのネタ
posted by 河上@マーケ at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

心を穏やかにするリラクゼーションの音

 


アンケートにお答えいただければと思います。
お礼に、
「心を穏やかにするリラクゼーションの音」を
プレゼントします。


アンケートは下記にありますので、
こちらからお願いします。

https://55auto.biz/m-usic/touroku/thread4.htm


事情はこうです。


今回ふとしたご縁から取材の依頼を受け、
音と心を扱うクリエーターの
松島宏和さんという方と対談をすることになりました。
対談のテーマ構成を検討するために、
読者の方々の声を聞きたいということなのです。

お礼に、松島さんから、
リラクゼーションルームや、鍼灸院などでも使われている
「心を穏やかにするリラクゼーションの音」を
無料で提供して頂けます。


*松島宏和さんのプロフィルです。

2006年度「日本ハムファイターズ」応援キャンペーンソング楽曲製作や
アーチストへの楽曲提供、
製作ディレクション舞台音楽製作、CM音楽製作などを行なうかたわら
音で人の心を癒す音源を開発。
心を扱う現場の環境ツールの製作者としても活躍中。





人気blogランキングへ 参加しています。あなたのクリックお願いします。

Copyright(C) Since2007 Kurashi Institute All Rights Reserved


トップページに戻る


posted by 河上@マーケ at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

アマゾンランキングを動かす男の【倶楽部カカトコリ】大交流会

メルマガの世界でカカトコリを知らない人はモグリです。
こんな実話が。

「有名になりたい」といった時、家族はもちろん両親さえも笑った。
でも【倶楽部カカトコリ】に入って次々と……

このクラブのメンバーになりたい方は、
大交流会が開かれますので、参加を。

ご本人からのメッセージ


こんにちは、
集客の鬼カカトコリです。

最近では「アマゾンランキングを動かす男」
と呼ばれるようになりました。
大勢の活動を支えているのが、私が主宰する【倶楽部カカトコリ】です。
アナタも交流会に参加してみませんか?

交流会に参加することでメンバーになれます。

日時:平成20年11月29日(土)
  13:30 受付開始
  
  14:00〜15:00
    ミニセミナー
     「成功するアマゾンキャンペーン(仕込み編)」
        集客の鬼 カカトコリ
     「相手のハートをググッとひきつける30秒自己紹介とは」
       国立大学法人・愛媛大学・客員准教授
       プレゼンテーション専門コンサルタント 田中省三先生
  
  15:20〜16:10
    自己紹介 第一部  
   
  16:30〜19:00
        懇親会+自己紹介タイム


場所:グランドプリンスホテル高輪 松葉の間
   http://www.princehotels.co.jp/takanawa/
   東京都港区高輪 3-13-1
   
会費:12,000円(事前振込み)

詳しくは今すぐ⇒ http://tinyurl.com/3q67hq




人気blogランキングへ 参加しています。あなたのクリックお願いします。

Copyright(C) Since2007 Kurashi Institute All Rights Reserved


トップページに戻る

posted by 河上@マーケ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

「御社のホームページを最強営業マンにする方法」


ネット販売のポイントは?

「セミナーを聞くだけで売れるホームページのポイントをつかめる!
御社のホームページを最強営業マンにする方法

現役ネットショップオーナー2人の、超実践的セミナーです

10月11日(土)  岡山で

 http://erickson.blog39.fc2.com/blog-entry-121.html


どこでもあるものを、安く大量に売る方法は知りませんが、
思い入れのある商品やサービスを効果的にお伝えするのは得意です

と語るラテン系輸入車・パーツ販売の店長さんも講師です。



人気blogランキングへ 参加しています。あなたのクリックお願いします。

Copyright(C) Since2007 Kurashi Institute All Rights Reserved


トップページに戻る

posted by 河上@マーケ at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

再開します

3ヶ月、休んでいましたが、また始めることにしました。

仲間や大事な友人たちが、それぞれの分野でしっかり仕事をされているのを見て、
「私も」と思ったのです。

気負わずに、私のアンテナに響いたことを書いていくつもりです。

よろしくお願いいたします。


人気blogランキングへ 参加しています。あなたのクリックお願いします。


トップページに戻る
posted by 河上@マーケ at 08:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

ちょっと進路変換します

今日は、私からのお知らせです。

しばらく休みます

このテーマはちょっと方向転換をすることにしたのです。

これまで、112回エントリーする間に、いろいろ考えることがありました。

これまで、読んでくださった方々、どうもありがとうございました。

まぐまぐさんから配信しているメルマガは続けますし、
もう一つのブログはほぼ毎日更新していますので、
そちらをご覧ください
    
  

メルマガ 「ホンネの現場マーケティング★50代女性が買うと
き」

バックナンバーはこちら。

ブログ 「団塊女性よ これからです」

団塊世代の女性たち、その年代に近い女性たち、また、年齢に関係なく生き生きと暮らしたい女性たちにあてて、
新サービスやニュース、日々の思いなど書いています。


では、これまでのご好意を感謝しつつ、ひとまず さようなら。
posted by 河上@マーケ at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

シクラメンとスパティフィラム

070225seesaaPICT1031.JPG 部屋の中にお花があると、心が和みますね。

 ここでお見せするのは、
 シクラメンとスパティフィラム。


 シクラメンは2年目、いただいたもの。
 スパティフィラムは
 もう10年ぐらいになりますか。
 1株もらって植えつけ、
何回も株分けしたもの。

どちらかといえば、ほったらかし状態ですから、
良く言えばのびのび、実は野放図です。
ホラ、葉っぱも花もとても見事というわけにはいきません。

でも、きれいですよね。

窓際で、懸命に光の方へ、伸びています。
あなたはエライねえ、と言っています。

           ★
メルマガも読んでみてください。
「「ホンネの現場マーケティング★50代女性が買うとき」
バックナンバーはこちら。

人気blogランキングへ 参加しています。あなたのクリックお願いします。


トップページに戻る



posted by 河上@マーケ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

梅が満開

今年は暖かくて、梅の開花も早いようです。
満開の木が何本も。

大きな望遠レンズをつけた年配の男性が、撮影していらっしゃいましたが、
私はごく普通のデジカメで、全景を。

sssPICT1014.JPG


風情ありげな日本庭園に見えますが、
県立相模原公園の中に小さくつくられたお庭です。
明るい太陽の光に満ちていますでしょ。

3PICT1013.JPG


やはり、植物が育っている所はいいです。

オフィスにも緑を。
能率がきっと、上がりますよ。


トップページに戻る

人気blogランキングへ 参加しています。あなたのクリックお願いします。
posted by 河上@マーケ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

セルフレジの導入が進む

買い物客が自分でレジ係をするという「セルフレジ」の導入が、徐々に進んでいるようです。

イオン、西友、オオクワ等、2003年ごろから試験的に実施していますが、
イオンはその店舗を拡大すると言明。

店側としては人手不足の補完と、コスト削減に期待しているのでしょう。

客から見れば、レジで待たされるのは苦痛ですから、
自分でやってスムーズで早いのであれば歓迎です。

今は、少しだけ買っても列に並ぶ必要がありますし、
買ったものを他人に見られたくない心理もあります。

それにしても、人にやってもらう場合と
自分でする場合と、値段は同じなのでしょうか。

ATMなら、手数料が安いのですが。

マイバッグを持参して、レジ袋をもらわないと、ポイント増加のサービスをしている店舗もありますが、
そういう客には、セルフレジでも対応するのでしょうか。

バーコードのついていない商品の場合、パネルを見てタッチするらしいのですが、
目がちらちらするようになった中年以降にはちょっと酷かな、とも思います。

ともかく、
対面販売の良さを生かす売場と省力化が拡大する部門と、
小売の現場では、二極化が進行するのでしょう。


 トップページに戻る

人気blogランキングへ 参加しています。クリックお願いします。
posted by 河上@マーケ at 13:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

モチベーションを維持するには

「社内のモチベーションが下がっていて」
と、サービス業の知り合いが嘆きます。

なぜ、下がっているのか、と聞けば、
若手の意見を吸い上げるしくみがないらしいのです。

こんな時代だから、一応、全員知恵を出せという号令はかかっているものの、
実際、アイデアや企画を出そうとすると、
手続きから決済までの道が明確でないうえに、
出しても、その反応が遅いとか。

社員のモチベーションが上がらなければ
お客さまへの応対にも、熱が入りません。

真面目に勤めてはいるけれど、
通りいっぺんの動き方しかできないスタッフを見ると、
社内の雰囲気が推し量れます。

財務だけではなく、社内ルールの透明性が必要だと思いますね。


トップページに戻る

人気blogランキングへ 参加しています。クリックお願いします。
posted by 河上@マーケ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

ブロードウエイミュージカル「ムーヴィン・アウト」 見ました

「MOVIN’ OUT」
台詞のない、曲とダンスだけで、アメリカの若者の青春を描いた作品。

恋をし、ベトナム戦争に従軍し、迷い、立ち直る、その物語が、
ビリー・ジョエルの音楽と、トワイラ・サープが振付けたダンスで、見事に表現されていました。

正味100分、激しくエネルギッシュに踊り続けるダンサーたちが、圧倒的迫力。(年をとったら、できないでしょう)

そして、ビリー・ジョエルの曲のストレートさ。
(歌詞の字幕付き)

舞台奥に作られた、2階とでもいうべき位置でバンドが演奏。
中央に、ピアノ&ヴォーカル。この配置も、面白いと思いました。

オペラは時々見ますが、
実質、ダンスが主体のミュージカルは初めてでしたね。


実は、急に誘われて行ったのです。

会場は、8割の入り。
オペラと違い、若い人の姿が多いのですが、
年配の夫婦や、おじさま、女性連れもけっこうたくさんいました。
ビリー・ジョエルのヒットナンバーに馴染んでいた人たちでしょうか。

(オペラの場合、若い観客はごく少数)
暑い日だったせいか、大体、服装はカジュアル。
着物も1人いましたが。

商売柄、会場内のセッティング、観客の数や風体、等々、
意識しなくても見てしまいます。

誘ってくれた友人は、娘さんが、
親が好みそうなジャンルのチケットを手配してくれたとか。

娘からの情報は、重要ですよ

今の中年女性は、若い頃からロックに親しんでいます。
ビートルズ、ローリング・ストーンズは言うに及ばす、エルトン・ジョンやマドンナも聞きます。

今後、このジャンルへの集客が見込めるのではないでしょうか。

それにしても、オリジナル曲をつなげるだけで、ある時代、ある社会に生きた若者の人生を鮮やかに示すことができるとは。

こんなシンガーゾングライターが、日本にはいるのかなと、ふと、思いましたね。

いたら、教えてください。


トップページに戻る

人気blogランキングへ 参加しています。クリックお願いします。
posted by 河上@マーケ at 20:56| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

「男の料理」 増加中

「男の料理」教室に参加する男性が、増えているようです。

団塊より、少し年上のある男性、

リタイアした後、調理師学校へ通って、調理師免許をとりました
別に、居酒屋を開こうというのではなく、家庭で料理をするために基本から学びたかったのです。

しかし、今は、
公民館の「男の料理教室」の講師を務めています
企画を自分で持ち込んで、実現させたのです。

この生き方を見習いたいと思う、今はまだリタイア前の団塊男性、現にいます。

団塊男性が、蕎麦打ちだけに目を向けているわけではありませんね。

こんな男性、これからきっと増えるでしょう。
(増えてほしい、とも思っています)。

料理を覚えれば、妻は喜びますし、新たな道も開けるわけです。

妻たちは、夫たちが、「飯は?」というとき、口に出さずとも、
「たまには、自分でやれば」と思っていますから。


トップページに戻る

人気blogランキングへ 参加しています。クリックお願いします。
posted by 河上@マーケ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

大人の女性の一人旅

中年女性が気の合う女友達と、温泉に行くのは、定番です。

でも、違うパターンの旅も見えてきました。

お仲間と行く旅も好きな友人のA子、
この夏は、大人の女性一人旅を決行。

裏磐梯のホテルで、読書とお昼寝と、温泉ざんまい
合間に散策、近くのホテルなどでアフタヌーンティーや食事。

夫も子供もいる、家族円満、現役主婦ですよ。
仕事をしているから、骨休めですね。

群れるのも好きだけど、一人も好き。

こういう過ごし方をするシニア女性、増えると思います。

しかし現状では、どうも、こんなタイプが好むような対応をする場所やショップは、まだまだ不足です。



トップページに戻る

人気blogランキングへ 参加しています。クリックお願いします。
posted by 河上@マーケ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

団塊世代の女性が、東京へ移住

団塊世代の男性が、田舎へ移住したいという願望をもっていると、言われます。
でも、女性のなかには、地方から東京への移住願望を持っている人がいます。
現に、実現した女性たちを、私は見ています。

理由は?
1、子供たちが、東京近辺住んでいる
2、自分のしたいことをする環境が東京にある


詳しくいうと。
1、子供たちは東京の大学に進学し、その近辺で職を得ている。

  田舎にいた自分たちの両親を見送ると、
  今度は、孫の世話に駆り出されるということもあります。
  近くにいると、お互い便利です。

2、例えば、趣味でやっていたことを、本格的に極めようと思うと、田舎では刺激が少なく、励みにならない。

 友人の場合は絵画でしたよ。
 首都圏では、美術館が多く、先生も多い、発表のチャンスも多いのです。
 夫も賛成して、東京へ引っ越して来ました。


退職後、移住してもらおうと、施策をとっている地方自治体がけっこう多いようです。
妻がそこで生きがいを持てるか、妻の説得ができるか、が、カギですね。

 

トップページに戻る

人気blogランキングへ 参加しています。クリックお願いします。
posted by 河上@マーケ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

ご挨拶

「顧客満足」「顧客志向」「顧客第一」

大事なことですが、実際にどうすればいいのか、案外難しいことですね。

特に、女性のお客さまはわがままで移り気?!

女性のショッピング行動を見続けてきた河上多恵子が、
女性の消費心理を、すくいあげてお話しします。

お客さまの本当の気持ちを、わかっていただきたいからです。

お金も時間も情報も持っている、現代の女性。
そのお財布の紐をゆるませるヒントになればいいなと、思っています。

現場マーケティングと、河上は言っております。

永くお付合いくださいませ。
posted by 河上@マーケ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。