2007年02月14日

JTB交流文化賞 「小樽雪あかりの路」

JTB「交流文化賞」の最優秀賞に、
歴史的遺産を活用したまちづくり〜イベント「小樽雪あかりの路」を通じて〜 
が選ばれました。

2月に、小樽全体がろうそくのあかりに包まれるイベントで、
小樽ゆかりの作家、伊藤整の詩集「雪明りの路」に由来します。

もともとは、平成11年に、市民が始めた手作りイベント。
今では、ボランティアと観光客との交流、外国人ボランティアの参加など、
官民をあげてますます拡大しています。

小樽は、運河や開港当時の建物が保存された、素敵な町ですが、
冬は観光客が減る。
それを何とかしたいと始まったようです。

ろうそくや、運河の水面の浮き玉キャンドル、スノーキャンドル・オブジェ。

光がゆらめいて、夢のような風景でしょうね。
想像するだけでも、行ってみたくなります。

旅慣れた人たちは、名所旧跡、温泉、土地の名物も好きですが、
その土地ならではの良さに出会うイベントを求めているのでしょうね

2月という閑散期に、需要を起こした効果はすごいものです。

さらに、そのイベントを通じて、地域に住む人のエネルギーが結集し、
観光客にも伝播する。

素敵な循環になります。
住んでいる町を愛するとは、こういうこと。

JTBが、顕彰するというのも、旅の今後を見据えた戦略ですね。

★-----------------------★

メルマガも読んでみてください。
「「ホンネの現場マーケティング★50代女性が買うとき」
バックナンバーはこちら。



トップページに戻る

人気blogランキングへ 参加しています。あなたのクリックお願いします。

posted by 河上@マーケ at 21:51| Comment(2) | TrackBack(1) | ビジネス・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、LAビジネスウォッチャーズの羽くじら♂です。コメント有難うございました。

小樽へは一度だけ訪れたことがありますが、とても綺麗な街並みですよね。街をあげてのイベント。ぜひ大成功をおさめてほしいものです。

応援クリックしていきますね。
Posted by LAビジネスウォッチャーズ at 2007年02月15日 02:59
羽くじらさん

コメントと応援ありがとうございました。
私も小樽は1回だけ、秋に行ったことがあります。

全国の町々が、このように元気になってほしいと思います。
Posted by 河上@マーケ at 2007年02月16日 07:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座 (徳間
Excerpt: キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の世界の常識が取り上げられています。日本では、カルトがおこす事件以外は、宗教や宗教対立の問題について意識していることはまれであると思います。ひとたび外国に行けば、いかに..
Weblog: ほなみのブログ
Tracked: 2007-10-19 09:21

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。